kaico

 

 

目で感じる、手で感じる

琺瑯は、鉄を加工した形に

ガラス質の釉薬を焼き付けたもの

だから、懐かしい印象と共に

表面の透明感が美しい

使い易い形に適材適所の素材を合わせたkaicoは、

日本の心意気が宿っています

design:Koizumi Makoto

 

 

 

耐久性

硬質のガラスでコーティングされているので、
変色や摩擦にも強い素材です。

耐酸性

琺瑯の表面は、無機質ガラスなので
酸にもアルカリにも強く、
食品の保存容器にも最適です

清潔性

表面が硬く滑らかなので、
汚れや傷がつきにくく
お手入れも簡単
いつまでも清潔さを
保ち続けられます

非吸着性

琺瑯は、食品や水分による化学変化も起こさないので
金気を移しません
臭いも付きにくく水や食材本来の味を生かせます

保温性

熱伝導率の低いホーロー層のため、
熱を逃がさず保温性にも
優れています

金属加工

創業22年創業。東京・墨田区
琺瑯製品から建築に関わる様々なパーツまで生み出す、
墨田の工場です。
金型から製品まで一貫生産。様々な分野の技術をつなぎ合わせ、ノウハウを融合。
ニーズと共に、技術力を発展させてきた。
世界に先駆けて開発された技術も多くある。

琺瑯加工

創業以来、琺瑯製品のみにこだわり、創意工夫を続けている。
鉄とガラス質という異なる素材から生まれる、琺瑯には
無二の温かさが宿る。

 

 

2006年 7アイテムにて販売開始、グッドデザイン賞受賞
    「松屋銀座デザインコレクション」選定品
2011年 伊勢丹「北欧デザインコラボ」
2013年 メゾンオブジェ出展 国立近代美術館「現代のプロダクトデザイン- Made In Japanを生む」展示
2014年 生産地である墨田区限定「墨桜」販売、墨田区「すみだモダン認証品」に認定
2015年 ドリップケトルにて「JHDCハンドドリップ大会」優勝、SCAJ展示会出展
2016年 台湾「Golden Pin Design Award 」受賞
     kaicocafeオープン
2017年 松屋銀座デザインギャラリー「プロダクトの絶滅危惧種|琺瑯」展覧会
2018年 ドリップケトルにて「JHDCハンドドリップ大会」優勝、SCAJ展示会出展
2019年 NY nalatanalataギャラリー「白と素shiro to shiro」展示
    グッドデザインストアー選定品
    墨田区ふるさと納税品 現在継続年数15年、17アイテム累計販売数15万個
2021年 ケトル「グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」受賞