問屋として、国内外の様々な商品を扱わせていただきます。海外品も多くあります。売り上げもこれら量産品に支えられることも少なくありません。

また、国内の色々な産地で日本のモノづくりの現場を見せて頂く機会があります。日本の文化を支えてきたモノづくりの現場に行くと

「もっと売らないといけない」「もっと伝えなければいけない」と問屋としての力のなさに不甲斐なさを感じることが一杯あります。

デザイナーや、産地のみなさんに支えられ、自らモノづくりに関わることでモノが少しづつ生まれています。

もっともっと「要る問屋」に近づくために、まだまだ頑張れる日本の現場・技術を「形」にしていけたらいいな、と思います。